スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

2年ぶりの抗体価検査に向けて、今までのワクチン接種をまとめてみました。

2年ぶりの抗体価検査に向けて、今までのワクチン接種をまとめてみました。

ワクチン接種のこと、複数のブログに散らばっていたのでこの機会に整理してみました。

今年で10歳と9歳になる我が家のシニア兄弟
特に10歳になる雷蔵さんのワクチン接種をどうするかをしっかり考えるべく、
2年ぶりの抗体価検査に行くことに決めました。
と言っても、、、
広島市内の動物病院のHPなどでは抗体価検査を行っていそうな情報は見つけられなかったので
横浜でお世話になった獣医さんに教えていただいた呉市の病院まで行ってきます。
あとは福岡になってしまう(ちと遠い)
市内の病院でも問い合わせたら、やってくれるところもあるかもしれませんが、そういうところは渋々の対応なので
少しぐらい遠くても、私が考えてることと動物病院の方針が近い方がちゃんと話を聞いてくれるのでいいんです。
横浜の病院にたどり着くまで5件の病院で渋々な対応を経験してきましたので(苦笑)

犬と暮らすようになってからワクチン接種の必要性を考え、過剰な接種をしたくなかった私が
横浜に引越したときにようやくワクチンの抗体価検査を日常に(←これが大事!)行っている病院に巡り合い、
ワクチン接種をしなくても抗体が十分あるということが分かり、今に至ります。

雷蔵さんはワクチンや狂犬病、フロントラインで副作用が出たことはありません。
2011年7月23日にハチに刺されて腫れた経験はあります。

以下、BETHのワクチン接種をまとめてみました。(過去記事リンクのため画像が表示されません)
2008年(2歳8カ月)にワクチン接種後の副作用が出始めてからは完全に副作用のおまけつきな状態です。
狂犬病予防注射でも副作用が出ることもありました。フロントラインにも過剰な反応を示すようになりました。

2005年9月6日接種 デュラミューン6(6種) ペットショップにて接種のため副作用の有無は不明

2005年10月8日接種 デュラミューン5(5種) 副作用なし

2005年11月5日接種 デュラミューン5(5種) 副作用なし

2007年1月26日接種 ユーリカン5(5種) 副作用なし

2008年4月6日接種 デュラミューン5(5種) 副作用あり(鼻の上が腫れる)軽度のムーンフェイス

2009年6月15日接種 ノビバッグDHPPi(5種) 副作用あり

2009年7月 突発的なムーンフェイス (ワクチン原因ではない) 

2011年4月3日接種 ノピバッグDHPPi(5種) 副作用あり ムーンフェイス 嘔吐、全身湿疹

2012年6月30日 初めてのワクチン抗体価検査

抗体価検査結果①

抗体価検査結果②

2012年 狂犬病予防注射猶予証明書発行(1年間有効)

2013年 この年の狂犬病予防注射で副作用が出たら、今後の狂犬病予防注射は免除にしようと先生と話す。
狂犬病予防注射前に副作用を防ぐ作用があるレメディ注射接種→副作用なし

2014年6月現在、最後のワクチン接種から3年が経過した状況になります。


検査結果等は改めてアップしたいと思います。とりあえず、今までの状況をまとめてみました。


にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。